魔法の塩「オブッコ」「氣億水」「珈琲貴族」「Mプラス」「トールマンPOWER」のオブ食品
魔法の塩「オブッコ」「氣億水」「珈琲貴族」「Mプラス」「トールマンPOWER」のオブ食品
【投稿1】 氣億水について

投稿1 気のエネルギーとデドックス(現代人の健康と言われる体質)

 一般的に、病気でない身体の状態を健康と言っているようだが、もっと詰めて言うと、病気とは病院などで医師に病名を診断されないと、病気とか病人とは呼ばれないので、この方を除いた人を健康、または健康な人と呼んでいる。


 だが、健康な方たちの元気度合いも千差万別で、重篤な症状を抱えても病院には行ってない方や、段々と病気に向かっている未病の方、病院に行ったが病名が判らず拒否されている方、また、本当に元気で健やかな方、などなど・・・
 健康な方々の度合いが今だハッキリした物差しが無いのである。


 ただ、文明先進国と云われる我々の身体的な特徴は、自然から懸け離れた共通な弱点が一つだけある・・・・と言う事が出来る。
 それは生まれたばかりの赤ちゃんから老人まで、身体に化学物質どいう毒素を抱えている、と云う事実である。
 これらが、進んでくると、元気度の強い方はそれらに負けないで健康体を維持出来るが、弱い方から順に崩れていってしまう・・・。


 さて、その方は順路から行って、病院に行く事になるが、元の健康体に戻るのは相当な訓練が必要だ・・・。なぜなら病院などから出される医薬品などは、殆どが化学物質だからである。
 私達の身体は60兆もの細胞が、自我の思いの行動に応じようと、各部の細胞がその働きを連携し合って1人の人間を支えている。細胞は自我にとっては最も忠実な部下であり大連合戦体である。


 この忠実な細胞に対して化学物質は最大の敵である。アミノ酸を介して蛋白質を作ったり、維持=新陳代謝(古いものを壊し、新しい細胞を作る)をする時に、絶対に必要なものが酵素と言われる作業者なのだ。
 まず食品添加物や医薬品などの化学物質は、これらの酵素を破壊してしまうのだ。全ての病気への大本は、ここから始まると言っても過言ではない。活性酸素などの物質を無害化するSODという酵素もあるが、これとて無限ではない・・。酵素定数と云うのがあって、体内の酵素の量は限度があるのだと言う。


 さて、この毒素を体外に排除出来れば、この様な問題は大きく改善する事が出来ることになる。これをデドックスと呼んでいる。
 デドックスという言葉はあっても、理想的な毒素を排除するものは今だかって無いのである。「毒を持って毒を制す」では無意味であろう。
 サプリメントや医薬品も毒素を深める事はあっても、減らす事は無理である。


 ここで考えられるのが、身体を自然界に合わせることである。自然に生きている鳥や動物たちは、そんな毒素は保持していない。だから、生活習慣病などが無いのである。彼らは大自然の気を満身に受けているのである。
 では、人間は野生動物にような生き方をしなければならないのか?
 今の人間にそのようなことは、出来っこないことは明白である・・。それは体内の毒素を取る・・・ということの原理を例えたものである。


 簡単な答えを出そう・・。


 我々が、自然の中で暮すのではなく、今回はその大自然の気を持ってきたのである。
 その物が「氣億水」として、皆さんに太古の気を提供し、多くの体験者を誕生させている。



2012年12月20日
ソルトペイン療術院 理事長  宮田環太郎


上に戻る▲
氣億水〜多目的利用の波動水

投稿2 (氣億水の応用)予防医学とデドックス

 一般的に予防医学という言葉があるし、皆さんもそれを実行し知識の上では相当な理論者も多いと思う・・・。これは病気になる前に事前に病気の元を断とうと言う発想であるが、もしそれらが効率よく実行されていたなら、今のような世相にはなっていないはずだ・・・。
 あなたの街の中を見渡してみて欲しい、病院とかクリニックなどと言う施設がその町の大企業のように、樹立している・・・。これだけ病院が増えてなぜ病人が増えるのか・・・?
 これらの施設を維持するのに年間で約40兆円という膨大な医療費を食いつぶしている、・・・・と、言いたい。その拠出するお金は健康保険税と一般税と利用者の負担である。・・しかしこの事は「病気が治らないから」そうなるのである。


 では、なぜ病気が治らないのか?・・それは治療には、消毒や医薬品などの化学物質の使い過ぎである。
 これらの処方は使えば使うほど、元気だった細胞はダメージを受け、五臓六腑の働きに異常が起きてくる。そこで病気が発生し更にエスカレートして病気に病気が重なる多重病人が産出されることになる。・・・このままで良いのだろうか?
   これは時代的に言っても大変な悲劇である、個人的にも社会的にも、財政と国家をも破壊する事に繋がる。


 これにブレーキを掛け根本的に改善する方法がある・・・。
 それは大自然の気のパワーに触れる事だ。自然から懸け離れた命をもう一度自然に戻すことが、最短の改善法である。
 この処方は今産声をあげたばかりだが、確かな手ごたえがあった。当初は、身体の痛い所、苦しいところに付けると、10分もしないうちに消えてしまうので、それだけの効果かな?と思った・・・。段々と月日を重ねて使って行くと、糖尿病などの羅患者が、病院から出される検査数値が、正常範囲に戻っているのである。


使い続けると身体の中の腐敗毒素が消えて行く・・・


 これは、デドックスという言葉に当てはまるのだろう。80〜90代の高齢者でも、加齢臭などは発生しないのだ・・・。口の中も至って爽やかである。
 オシッコをテッシュに取って臭いを嗅いでみても、悪臭が無いし、大便の後も強い悪臭が無いのである・・。


 床ずれ(濁(じょく)蒼(そう))などの症状も3週間ほどで回復した方も居る。この方は直径7cmの尾?骨の部分と3cmの足のかかと部分に出来ていた・・・。当初は傍に寄れないほど身体から悪臭が漂っていた・・・。そしてそれも無くなったのだ・・。これらの事は従来通り医薬品も忠実に飲み続けていた状況の中での事であった。


 もう一つ、使った方の皆が体験することがある。胃や腸の調子が活発になる事と食事の量が腹八部になる事である。従来の食事量の50〜60%位で満腹感が得られるのである。・・・当然メタボ体型もスッキリすることになる。


 これは現代人の健康維持には欠かせない福音である。


 年老いて永く投薬を続けている方の共通した臭いがある、話している近くに寄ると、決まって薬と臓器の痛んだ様な悪臭があるのである。また、その方がトイレに入った後に追ってすぐに入れない程、悪臭が漂っていることだ・・・。
 この事は、食べた栄養も、飲んだ医薬品も、健康のためと摂ったサプリメントもごちゃ混ぜになって体の中に漂っているのだろう・・・。これでは、病名も重複して多重病人となっていく事は避けられないと思うのだが・・?


 これを解消するために、それ相当のサプリメントが有ったとしても、また、口から入れたのでは、その効果は殆どが期待出来ないのではないだろうか?
 健康の基本は、食べた物がキチット代謝されて、身体に古い毒素などの残留物を残さないことが最善である。
 その意味ではこの氣億水を以って、自然に触れることはとっても大事なことである。



2012年12月21日
ソルトペイン療術院 理事長  宮田環太郎


上に戻る▲

投稿3 氣億水の理論科学的 論証   2016年4月8日  著作 宮田環太郎

 なぜ、次のような効果が表れるのか?


1) 痛い所の鎮痛作用
2) 腸などの調正作用
3) 嫌な体臭の消滅作用
4) 頭脳などの活性作用と心の緩和作用


 まだまだあるが、これらを検証してみる。その前に「五次元の氣」と言うことを説明しようと思う。


 我々の住む世界を、物理的論証で言うと四次元までは確立していることは間違いない。四次元の要素は、光などが走る直線の概念。それに平面を表す二次元、絵や写真やTVの画面などがそうである。それに物体を表す立体的な空間で三次元である。だだしこれだけの概念だと全てが静止した空間になってしまう、そこで時間軸を加えて四次元までが確立した概念である。四次元の時間軸はアインシュタインが発表したものです。現在確立された論証はここまでである。


 しかし素粒子論や素粒子力学論では、この宇宙世界は6次元も11次元もあるのではないか?と言われているが、未だ確立はしていない。甚大な研究作業だが、敬意を表する事柄だ。


 だがこれらの理論や論証は、物質の持つ側面である。生命の場としての科学的な論証は無いのである。生物学とかその動植物の生態学と言うのは沢山あるが、なぜ生命が存在したのか?なぜ千差万物の動植物が生まれたのか?物体と生物の存在の意味は何なのか?また生とは何か?死とは何かその意味するところは科学的には未だ手付かづのままである。


 ここで生命の持つ力、生命エネルギーについて述べてみよう。


 私はこれを宇宙で一番大きな力だと思う。「力」と言っても物体が持つエネルギーとは概念が違うと言うことを申し上げよう。それは生を育てる力であり、恒常性と言う修復や安定をさせる力でもある。生命エネルギーの立場では、この力が善であり、この反対を成す行為を悪と捉える。生物界では善の安定していることを平和と言い、物質が安定していることを、恒常的または「おだやか」と表現する。


 原子力のエネルギーは通常なら破壊することの無い原子核が破壊することで膨大な熱を発するものである。一般的に言われる熱のエネルギーは全てが物質の持つ恒常性を破壊することによって得られるので、生命を生み育てる立場から見ると「悪」であり大きなエネルギーは危険が伴うものだ。


 そこで、人間を含む動植物も生命体であるが、それを受容し育む地球も宇宙も生命体である。太陽も月も直接関係の無いような天の星座も全てが生命体の構成員なのである。そして生命体の恒常性を保っているのだと思う。また火力や原子力のエネルギーとは恒常性の破壊である事は確かだ。それを生命体は、その破壊を最小限に抑え、恒常性を維持している。例えばその地域に熱が高まるとそれを冷やすために低気圧が発生し雨を降らす。これらの作用も生命体の持つ恒常性の維持なのである。


 この力は原子力のエネルギーとは比べようも無い大きなスケールなのだ。この生命体を五次元と捉え五次元生命エネルギーの研究を学理的に整えたいと思いその組織を発展させたいと思う次第である。


 さて、人間も生命体であるが、この人間を人間社会を破壊するのも人間であります。天変地妖もウイルスの脅威もその原因は、人間・人間社会の行動や所作が原因となっているのです。そしてこれを防ぐのも人間の知恵であり、科学技術はそれを求められていると思います。


 生命体を大きく分けると有情と非情に分けることが出来ます。有情(うじょう)とは感情を表せる動物などで、非情(ひじょう)は感情を表すことの出来ない生命体で、植物などですが、大別すると、鉱物で石や土も含まれますし。身に纏う衣類や身の回りの道具もその範疇に入るでしょう。また、身近に見ると私たちの髪や爪などは非情の分野でしょう。


 どちらも心(魂)は存在すると言われます。だから自然も物(道具など)も愛情をもって接することが自分の魂をも昇華させることに繋がります。


 近年、なぜ病人が増えたのでしょうか?なぜ健康が失われているのでしょうか?


 その答えとしていろいろな説があります、農薬のせいだ、食品添加物のせいだ、電磁波や環境汚染のせいだ、などなど。勿論、当然な原因の説明ですが、でも文化的な快適さを求めた結果、この様になったのですからね。いまこの快適さを無くして生活が出来ますか?おそらくノーと答えるでしょう。ある調査によると、食べ物などから起こる病気の原因は全体の15%だという報告がありました。


 では、あとの85%の原因は何か?・・・・それはストレスなのだそうです。


 社会が高度化し複雑になってくると、それに伴う不安や苛立ちや不満が大きくなり、人間同士の中でもストレスが増幅してしまいます。このとき自分がやった愚かさや後悔も一緒に攻めてくるでしょう。こんな方がとても多く見られます。このストレスは身体の恒常性を狂わせ、よって脳にダメージを与えたり各機関の働きを狂わせたりするのです。この改善や治療には医薬品もサプリメントも役に立ちません。こんな時、一人で悩んでいないで何でも相談して・・・などと言いますが本人はそれすら出来ません。


 この解決は宇宙の生命体の懐に入ることです。きっとマドンナの様な優しさを肌から受け取れるはずです。解決は氣億水を頭やボデーにたっぷりと付けることです。氣億水は細胞の求めと宇宙の生命体の氣を媒介してあなたに恩恵をもたらすでしょう。


 五次元の氣と使い方は、これでいいのです。私も治療院をしていますが、施術の後には氣億水を付けて終わらせます。術後の効果がとっても効果的です。この行為をソルトペイン法と言います。


 最初の冒頭に挙げた4項目の疑問にお答えしましょう。


1) 痛い所の鎮痛作用;痛さを感じるのは身体の防衛機能です。これを放置すると痛みが苦しみに代わり場所も拡大して震源地が解らなくなります。ここの極小の内なら氣億水ですぐ痛みが消えるでしょう。幼少の頃、けがをした時お母さんが肌でさすってくれたのと同じです。お母さんに代わって五次元の氣が癒してくれたのです。


2) 腸などの調正作用;腸は副脳とも云われストレスを一番受けるのはお腹なのです。これが心臓・脳へと伝播していきます。脳は嘘を付いたり、他を虐めたり、自分がやった悪行も記憶していて、正直ではありませんが、それ以外の細胞はそれほど強くは記憶していないので、正直だと言えます。正直な細胞には五次元の氣は求められるように吸収されますから、正常に戻るのです。


3) 嫌な体臭の消滅作用;氣の作用により、身体の細胞に氣の流れが良くなると、真っ先に身の周りの不要なものを排除します。嫌な体臭は細胞の周りが整頓されていないから発生する毒素臭です。


4) 頭脳などの活性作用と心の緩和作用;ストレスなどが小さくなると、悩みの負担も消え、脳本来の探求心が活発になり、他を利するために氣が回るようになります。それを支える身体も整備され、喜びと使命に燃え行動するようになります。これは心が安心し充実してくることなのです。


 まず、使ってみて、自分を見つめ、他人(ひと)をも見つめて研修を重ねましょう。それが自分を大きくする近道です。


上に戻る▲

Copyright © 2011-2016 オブ食品株式会社 All rights reserved.